スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<雑記帳>田植え選手権 187人が正確さ競う 岩手・奥州(毎日新聞)

 田植えの速さと正確さを競う「全日本田植え選手権大会」が26日、岩手県奥州市胆沢区の県立水沢農業高で開かれた。17チーム187人が一般と高校生の部に分かれ、手植え「競技」を楽しんだ。

 長さ約100メートルで、1チーム11人が苗を入れたかごをリレーする方式。1人が1株3本ずつ約8メートルの範囲に植えていく。植える深さは3センチ。深すぎても浅すぎても、審査員は容赦なく減点する。

 雨で植えにくい中、指先に3センチの目印の線を引いた宮城県立小牛田農林高が初優勝し、唯一の県外勢に敗れた地元選手は「作戦負け」と敗北宣言。この悔しさは雨と一緒に水に流したい?【湯浅聖一】

<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」 農家に不安(毎日新聞)
美人女将の宿 島根・松平閣 宍道湖借景の日本庭園(産経新聞)
<韓国艦沈没事件>鳩山首相ら関係閣僚が対応を協議(毎日新聞)
亀田興毅さんの車接触される=運転中、けが人なし―東京(時事通信)
<詐欺>小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)

山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)

 「秘書給与の肩代わりを要求した」と報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、民主党の山岡賢次国対委員長が発行元の新潮社などに計1千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した訴訟で、山岡氏側が訴訟を打ち切る「請求放棄」を申し立て、訴訟が終結していたことが12日、分かった。申し立ては10日付。

 請求放棄は、原告自らが請求に理由がないことを意思表示する手続きで、民事訴訟法で規定されている。訴訟上の調書に記載された場合は、原告側の敗訴確定と同じ効力を持ち、再び同じ訴訟を起こすことはできない。

 問題となっていたのは、昨年発売された週刊新潮3月12日号の記事で、山岡氏が平成12年ごろ、地元の栃木県真岡市長選で初当選を目指していた福田武隼(たけとし)前市長に、福田氏の選挙応援をした山岡氏の秘書給与の肩代わりを求めた、などとする内容を掲載していた。

 これに対し、山岡氏側は「記事の内容はすべて事実無根で、名誉と社会的信用を著しく傷つけられた。(福田前市長への)対立候補を立てる方針の民主党に対する悪質な選挙妨害だ」と主張していた。

【関連記事】
新潮社に賠償命令 小林死刑囚の記事めぐり
「映画観てる場合か」ヒゲの隊長、路チュー大臣に喝!
「調査しろ」 鳩山民主、政治とカネの次は女性スキャンダル
「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解
有栖川宮かたる詐欺事件 新潮社に慰謝料支払いを命じる 京都地裁判決

走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」−国交省(時事通信)
公務員法修正案を提出=公明(時事通信)
<強盗>飲食店の券売機売上金23万円奪われる 津(毎日新聞)
袋詰め遺体、重りはいかり=女性の身元確認急ぐ−神奈川県警(時事通信)
図書館利用者の情報入ったパソコン紛失(産経新聞)

学力テスト方式移行「大失政の典型」橋下知事(読売新聞)

 20日実施された全国学力テストが全員参加から抽出方式に移行したことについて、大阪府の橋下徹知事はこの日、府庁で報道陣に対し、「民主党は完全に民意を見誤った」と主張。府内で抽出校と自主参加校を合わせて96・4%の学校が参加することなどを挙げ、「(全員参加に反対している)教職員組合の声だけを聞いて判断した、大失政の典型だ」と痛烈に批判した。

 すでに府教委に対し、市町村別結果がわかる府独自の学力テストを来年度から実施するよう要請しており、「全国的な傾向を把握するのは抽出でもありかなと思うが、各地域の学力を把握するテストは絶対に必要で、民主党には全体の制度設計がない」と述べた。

与謝野氏らの処分、慎重に 自民党石破茂政調会長(産経新聞)
<みんなの党>名古屋リコール署名集め支援へ 渡辺代表(毎日新聞)
「和解協議向け動いてる」=細野副幹事長、原告と面会−B型肝炎訴訟(時事通信)
「東アジア共同体」で協力=首相とシンガポール上級相(時事通信)
<シバザクラ>40万株が見ごろに 埼玉・秩父の羊山公園(毎日新聞)

<テレビ朝日>通販商品 放送と仕様が異なり商品を再発送(毎日新聞)

 テレビ朝日は16日、深夜番組やインターネットを通じて販売した財布が、紹介した仕様と違っていたため、購入者に製造し直した商品を送ると発表した。

 同局によると、商品は「蝶々プロデュース CHOCHO デコ財布」(9800円)。3月6日未明放送の情報バラエティー「お願い!ランキング」などで財布のチェーン部分に天然石を使用していると紹介したが、実際はアクリル樹脂を使用していた。また表面のクリアストーンの数も異なるものが見つかった。商品は今月12日までの期間中に445個を販売。購入者の指摘で分かったという。

 同局は「メーカーが下請けに出す際、仕様が徹底されなかった。再発防止に努めます」とコメントした。

【関連ニュース】
注目ドラマ紹介:内野聖陽「うっとうしい男を演じます」1年ぶり検視官に テレ朝「臨場」第2弾
テレビ朝日(9409) タイム収入にも底打ちの兆しが出ている点を評価。(JPモルガン証券)
テレビ朝日(9409)は反発 スポット収入の回復基調で10年3月期営業利益予想を再上方修正

タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
中国艦艇、沖ノ鳥島近海居座る 政府“隠蔽” 中国に配慮?(産経新聞)
高速無料化「距離」巡る答弁で衆院国交委紛糾(読売新聞)
報国寺 青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
海外での日本人死刑執行は中国以外「承知せず」 政府答弁書(産経新聞)

年金減額「適法」確定=りそな銀退職者の上告退ける−最高裁(時事通信)

 企業年金の受給額を一方的に減らした措置は違法だとして、りそな銀行の退職者らが、同行とりそな企業年金基金に差額分の支払いを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は15日付で、原告の上告を退ける決定をした。減額を認めた一、二審判決が確定した。 

【関連ニュース】
完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料
イオン九州、売上高、営業益を下方修正=年金特別益で純利益は上方修正
「消えた年金」問題でアピール=パネル使い熱弁
年金債務、一括計上へ=企業財務を透明化
厚年基金・健保記録で年金回復へ=新たな基準案検討

「子ども女性安全対策係」初摘発は盗撮容疑男(読売新聞)
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕−大阪府警(時事通信)
強風 北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール−山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)

<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)

 馬淵澄夫副国土交通相は13日、毎日新聞のインタビューに応じ、国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議)で整備計画区間(9428キロ)に決まりながら建設が凍結されている区間について、「整備計画からの格下げ(建設の中止)もありうる」との考えを示した。格下げは国幹会議の前身である国土開発幹線自動車道建設審議会(国幹審)が始まった1957年以来初めて。高速道路建設のあり方が抜本的に改まることになりそうだ。

 馬淵副国交相は従来の国幹会議を「採算の取れない道路が議論なしにいくらでも建設できてしまう」と批判。一方、今国会に提出中の道路整備事業財政特別措置法改正案が、廃止される国幹会議に代わる枠組みを含んだものであることに触れ、「整備区間のうち、採算の取れる路線は残っていない。(改正案の適用で)整備計画からの除外も可能だ」との考え方を示した。

 国交省は9日、昨年4月の国幹会議で新たに整備区間に決まりながら、政権交代後に凍結していた東京外環道の練馬−世田谷間(16キロ)と名古屋環状2号の名古屋西−飛島間(12キロ)の計2区間の新規整備を決め、「高速会社が有料道路として新規整備するのは外環と名古屋2環で最後」と説明した。これについて、馬淵副国交相は「(これ以上)事実上造れないし造らないという宣言だ」と述べた。

 現在凍結されている区間は近畿自動車道大津−城陽間(25キロ)など4路線5区間がある。

 今後の高速道路建設について新政権では、採算が取れる有料道路を道路会社が料金収入で造り、不採算が見込まれる道路については、国費を投入して整備する方針。また、具体的な整備路線の決定については改正案では、国会、第三者機関、地方自治体でチェックする仕組みを取ることになる。【寺田剛】

【関連ニュース】
関空:伊丹との運営権を売却 国交省が検討
国交省:採用説明会で大臣自らPR
国交省:組織改編は前原カラー色濃く 4月1日実施
個所付け:国補助の5ダムにほぼ満額交付 国交省
スカイマーク:国交省に改善計画書を提出

事業仕分け 支持率低下で政権浮揚の頼みの綱に(毎日新聞)
<新党>名称は「たちあがれ日本」 平沼氏ら結成(毎日新聞)
改造マイカー「偽装タクシー」が見破られたきっかけは…(産経新聞)
「拉致、ここまで問題とは」黄元書記が帰国(読売新聞)
山崎さん、物資搬送ほぼ終了=コンテナ収納へ−2度目の「目覚まし曲」(時事通信)

雑記帳 津軽弁の魅力がたっぷり楽しめるDVD発売(毎日新聞)

 津軽弁の魅力を広めようと活動する「津軽弁の日やるべし会」(青森市)は3日、1月に東京で開いた催し「津軽弁の日in東京−番外編」を収めたDVD(2500円)を発売する。

 催しは12月の東北新幹線新青森駅乗り入れをアピールしようと開催。「夫婦」などテーマごとに、泣き笑いを詠んだ詩や川柳を会のメンバーらが津軽弁で披露した。

 青森県弘前市出身で会の代表を務めるタレント、伊奈かっぺいさん(62)は「津軽弁は難しくて汚いと言われることもあるが、楽しく遊ぶこともできる。一度手にして」とPR。問い合わせは同会(080・1833・5221)。【山本佳孝】

【関連ニュース】
沖縄国際映画祭:岡村さん舞台あいさつ サンゴ礁再生、金城さんモデルの映画
県観光特使:「いちむじん」に委嘱 ギターで良さアピール /高知
方言:名護・幸喜の1万8千語 辞典に
支局長からの手紙:祝・47都道府県達成! /高知
特別講演:方言研究者の小林氏、笛吹できょう /山梨

ベランダのプランターに乳児埋める、母親を逮捕(読売新聞)
政治とカネの問題で公明・山口氏「首相が率先垂範しないとますます支持率下がる」(産経新聞)
ミカン苗木の校庭、ほかに個人名義の土地3筆(読売新聞)
DNAデータベース拡大(産経新聞)
鳩山首相「邦夫議員とは一切連絡とっていない」(産経新聞)

無駄削った職員、人事で高評価=10年度予算執行で−財務省(時事通信)

 財務省は31日、2010年度予算のうち同省所管分の執行について無駄遣いがないかを点検する「予算監視・効率化チーム」を立ち上げ、予算執行計画を策定した。同計画では、予算執行の効率化を図った職員に高い人事評価を与える制度を導入するほか、公益法人への支出状況などの情報公開の強化が盛り込まれた。
 同計画は国家戦略室が各省庁に策定を要請。同日の同チームの初会合で野田佳彦財務副大臣は「財務省の動きは各省庁がみているので先頭に立って(予算効率化の)結果を出していきたい」と表明した。財務省所管の予算は一般歳出で1兆2928億円(予備費除く)。このうち、公務員宿舎の建設や国税庁が導入する税務システムの整備などの予算執行を重点的に点検することも決めた。 

【関連ニュース】
めど立たぬ「人件費2割減」=天下り根絶が影響
郵貯限度額引き上げに懸念=改革案は「民業圧迫」
「民主の古くささ」を懸念=政治とカネで野田副大臣
辞任要求「よろしくない」と野田副大臣=枝野氏らも生方氏擁護
将来の増税に含み=任期中の消費税上げは否定

変わる百貨店の物産展 ネット通販と連携、格安弁当も(産経新聞)
<iPS細胞>「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研(毎日新聞)
【健康】増える「非びらん性」胃食道逆流症 難しい診断 治療手探り(産経新聞)
<菅副総理>「死刑執行」に懸念表明 会談で中国首相に(毎日新聞)
<たらい舟>ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)

菅副総理、3日に中国首相と会談 人民元切り上げ、ギョーザ中毒など意見交換(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は30日午前の記者会見で、4月3日に中国・北京を訪問し、温家宝首相と会談すると発表した。中国の人民元の切り上げ問題や、容疑者が拘束された中国製ギョーザ中毒事件などについて意見交換する見通しだ。

 菅氏は、第3回「日中財務対話」にも出席し、謝旭人財政部長(財務相)と会談。日本の新成長戦略を説明し、協力を呼びかける。また、李克強副首相とも会談する。

【関連記事】
格差拡大 中国の暗部凝縮 ギョーザ中毒事件
毒ギョーザ逮捕 容疑者の父「日本の皆さまにおわび」
日中関係にらみ…今が「適切なタイミング」? 毒ギョーザ逮捕
「失業者2億人」中国首相発言が波紋
米中関係が緊迫 人民元レートで制裁・報復、グーグル撤退でさらに

疾病予防対策で勧告機関の設置を提案−日医委員会(医療介護CBニュース)
不適切昇給「わたり」福島・千葉県も…総務省(読売新聞)
原爆症申請却下を取り消し=長崎入市の女性−高松地裁(時事通信)
普天間移設 「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)
群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定(医療介護CBニュース)

主力工場の業務停止処分でお詫びのコメント、再発防止策を徹底―大洋薬品(医療介護CBニュース)

 承認規格外製品の製造・出荷により、岐阜県から主力の高山工場が業務停止処分を受けた大洋薬品工業は3月26日、「お詫びとお知らせ」と題する文章を発表した。この中で、「患者様、医療機関の関係者の方々、お取引先様、業界関係者はじめ皆様に多大なご迷惑とご心配をお掛け致しますことを深くお詫び申し上げます」とするとともに、製造管理体制の強化や内部管理体制の徹底など再発防止策を示している。

 具体的には、昨年11月から外部識者6人を高山工場に迎え、GMP(医薬品の製造管理および品質管理の基準)運営の現状分析と、それを受けた改善のためのプロジェクトを開始しており、製造、品質保証、組織・運営、設備関係を基本から見直し、来年度末に進捗状況を総括する予定という。また、教育訓練の強化、ヒューマンエラーを防ぐための取り組みを進めるとしている。


【関連記事】
大洋薬品高山工場に9日間の業務停止命令―岐阜県
新薬メーカー54社から受託製造―行政処分受ける大洋薬品高山工場
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県
国内後発品大手3社は大幅な増収増益
「テチプリン静注液40mg」の一部製品を自主回収―大洋薬品工業

<窃盗未遂>衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕(毎日新聞)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)
「違法拘束で採尿」覚せい剤事件の男性無罪(読売新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM